各棟の役割

エネルギー棟

エネルギー棟では、4市から出る可燃ごみ、リサイクル棟から排出された可燃物を処理しています。

流動床式ガス化溶融炉の特徴

安全性・安定性 優れた実績や、経験を活かしシンプルな炉とシステム構成で運転しやすい。
資源回収 ごみの中の鉄・アルミ・その他金属を「資源」として回収できる。
エネルギー回収 国内最高水準の発電効率を達成し、高効率なサーマルリサイクルを推進。
最終処分場量の低減 溶融スラグを回収することで全量を有効利用し、最終処分量を最小化。
CO2排出量の消滅 高温で処理し、排ガス量、ダイオキシン類を含めた有害物質の排出が少ない。

エネルギー棟の設備

ガス化炉
ごみを流動する高温の砂と混合して熱分解します。

溶融炉
1,200~1,300℃の高温で灰分を溶融し、スラグとして回収します。

廃熱ボイラ
溶融炉で発生した高温の排ガスから熱を回収し、蒸気を作ります。

バグフィルタ
排ガス中のばいじん、硫黄酸化物、塩化水素、ダイオキシン類を除去します。

触媒反応塔
窒素酸化物とダイオキシン類を分解します。

蒸気タービン発電機
ボイラで作られた蒸気で最大7,700kWの発電を行います。

リサイクル棟

ごみの減量化と資源化を図ります。

ごみ収集体系にあわせて効率的に処理し、資源を選別回収しリサイクルすることによって、資源の節約や省エネルギーを実施します。

リサイクル棟の設備

粗破砕機
粗大ごみ、不燃ごみを選別しやすいよう粗破砕します。

高速回転破砕機
粗破砕されたごみを、さらに細かく破砕します。

破砕物選別機
回転するドラム内で不燃物とアルミ・可燃物の混合物に分離します。

缶類破除袋機
袋づめで搬入された缶類は、この機械で袋が破られます。

缶類プレス機
各選別機で選別された鉄類、アルミ類を圧縮成形します。

手選別コンベヤ/異物コンベヤ
混入している不純物を取り除くコンベヤです。

プラスチック製容器包装圧縮梱包機
回収されたプラスチック類を圧縮梱包します。

ペットボトル圧縮梱包機
回収されたペットボトルを圧縮梱包します。

紙類圧縮梱包機
異物除去を行ったあと紙類を圧縮成型します。

«  |  »

トップへ戻る