プラスチック製容器包装(その他プラ)の出し方に注意してください!!

2017年07月12日

平成29年6月22日に、新日鐵住金株式会社 名古屋プラスチック再商品化工場にて、皆様がご家庭で分別していただいているプラスチック製容器包装(その他プラ)を圧縮梱包したもの(ベール)の品質調査が行われました。品質調査はA・B・D3段階で評価され(Aが一番よい)、甲府・峡東クリーンセンターは「A」をいただきましたが、評価結果は、処理費用にも反映されますので引続き適正な分別をお願いします。

※甲府峡東クリーンセンターにおいても手選別により異物の除去を行っておりますが、ご家庭で分別していただく際にも、誤って異物を混入しないようにご注意ください。
          「ご協力をお願いいたします!」


汚れがひどく付着したプラスチック製容器包装(その他プラ)は異物とみなされます。さっと流して取れない汚れが付着している場合は、可燃ごみとしてください。


ペットボトルは、プラスチック製容器包装(その他プラ)と分けてお出しください。

誤って他素材の容器包装を混入しないようにお願いします。最近はカップ麺の容器が、紙製となっている商品もございます。


プラスチック製品(ストロー、お弁当のスプーン、歯ブラシ、CDケース等)は、容器包装ではないためプラスチック製容器包装(その他プラ)として出すことは出来ません。可燃ごみとしてください。
※クリーニングした洋服等が包まれたビニール袋もプラスチック製容器包装(その他プラ)となりませんのでご注意ください。

日本容器包装リサイクル協会ホームページ

 

«  | 

トップへ戻る